勉強 勉強法

勉強の教え方おすすめ5選!教え上手になって自分も友達も能力UP!

勉強
こんな人に読んでほしい
  • 友達に勉強を教えたけど、わからないと言われた
  • どのようなことに注意して、勉強を教えればいいのかわからない

勉強を教えることによって、相手だけでなく自分にもいいことがあります。

  • 自分がわかっていないところを、知ることができる
  • アウトプットすることで、知識が頭に入りやすくなる
  • 話す能力が上がる

などなど。私は友達に勉強を教えて、おかしやジュースをもらっていました。

そこで今回は、勉強の教え方を5つ紹介していきます。

  • 相手が何をわからないのかを知る
  • 短くまとめて話す
  • スマホ、教科書を手にもって話す
  • 図やたとえ話を使う
  • 問題を細かく分解する

以上のことについてくわしく解説していきます。この記事を読んで、教え上手に!

そして、どんどん友達に勉強を教えてあげましょう。

相手が何をわからないのかを知る

まずは、相手が何を知らないのかを知ること。

それをしないと、教えようと思っても教えることができません

こんな経験したことありませんか?

友達に「わからない問題があるから、教えてほしい」とお願いされた。

私は「どこがわからないの?」と聞くと、友達は「何がわからないのかわからない」と言った。

何がわからないのか、わからないから教えることができませんよね。

では、どのようにしてわからないところを聞き出すのか。

それは、1から全部ていねいに説明すること。

そうすることによって、友達が何がわからないのかを知ることができる。

そして、わからない問題を1個ずつ解決してけばOK。

このように、まずは相手の分からないことを知りましょう。

短くまとめて話す

自分のつたえたいことを、短くまとめて話すこと。

長々としゃべっていても、友達は何を言っているか理解できません。

どっちの文章がわかりやすい?
  1. この問題のポイントは、○○はこんな感じで、☐☐はこんな感じで、✖✖はこんな感じ。
  2. この問題のポイントは3つで、○○と☐☐と✖✖。まずは○○はこんな感じ。次に☐☐はこんな感じ。最後に✖✖はこんな感じ。

2の文章のほうがわかりやすいですよね。

1は、つたえたいことを1文で長々とつたえるだけ。

それに対して2は、はじめに重要なポイントがいくつなのかを教える。

そして、1個ずつ問題を解決している。

このように、相手に伝わるように短くまとめて、話すようにしましょう。

スマホ、教科書を手にもって話す

スマホや教科書を手にもって話すこと。

人に教えていると、必ず説明することができないときがあります。そのときに、すぐに調べるために使います。

わからないことを詳しく教えることができますか?

できませんよね。わかることしか教えることはできません。

また、「ここにかいてあるよ」と教えてあげることもできます。

だからこそ、スマホや教科書を手にもって話すようにしましょう。

図やたとえ話を使う

正直これが1番大事です。図やたとえ話を使うこと。

どうしても、むずかしい単語が出てくると理解しにくいです。

そこで図やたとえ話があると、簡単に理解できるようになります

どれなら理解できますか?

放物運動についての説明

  1. 放物線を描く運動のこと
  2. ボールを投げたときの、ボールの動き方

図はテキトーに書いたものです。しかし、1よりも2のほうが簡単に理解できますよね。

相手に理解してもらえるように、図やたとえ話をどんどん使っていきましょう。

問題を細かく分解する

問題を細かく分解すること。

むずかしい問題は、基本の問題の集まりです。

放物運動の問題

ボールの速度を求める方法

  1. 水平方向の速度を求める
  2. 鉛直方向の速度を求める
  3. 三平方(ピタゴラス)の定理を使って求める

「ボールの速度を求める」と聞くとむずかしいかもしれませんが、分解して順番にやっていけば、誰でも解くことはできます。

このように、分解することでむずかしい問題も、かんたんに教えることができます。

まとめ

  • 相手が何をわからないのかを知る
  • 短くまとめて話す
  • スマホ、教科書を手にもって話す
  • 図やたとえ話を使う
  • 問題を細かく分解する

今回は、勉強の教え方を5つ紹介しました。

今回紹介したものの中には、自分に使える勉強方法もあります。

どんどん友達に勉強を教えて、自分も相手も能力UPさせちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました