勉強 勉強法

勉強の休憩する時間とタイミングは?効果のある休憩法も紹介!

勉強

勉強中の休憩はどれくらいとればいいの?実際に休憩とりすぎて、勉強できなくなっちゃった。

とびひら
とびひら

自分も「ちょっと休憩しよ」と思っていたのに、気づいたら「もう寝る時間やん!」てことあったわ。

今回は、休憩のとるタイミングと時間。さらに、簡単かつ効果のある休憩法について紹介していきます。

この記事を読んで、短い時間で効果のある休憩法を身につけましょう!

休憩のとるタイミングと時間

おすすめの方法を2つ紹介します。

  • ポモドーロテクニック
  • ウルトラディアンリズム

ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニック(25分+5分)

  1. 25分勉強する
  2. 5分休憩する
  3. 1.2.を4セットする
  4. 30分休憩する
  5. 1~4のくり返し

この方法は「勉強がにがて」という人におすすめします。

なぜなら自分が思っているほど、長い時間集中力が持たないからです。

実際に私もポモドーロテクニックを使っています。

始めてすぐは「まだタイマーならんのかい!」って思っていました…

しかし最近は「もうタイマーなったんかい!」って思っています。

とびひら
とびひら

なれないうちは、こまめに休憩を取ろう!

ウルトラディアンリズム

ウルトラディアンリズム(90分+20分)

  1. 90分勉強する
  2. 20分休憩する
  3. 1.2.のくり返し

ポモドーロテクニックになれてきた人におすすめします。

なぜなら「90分+20分」が体内時計の基準となっているからです。

実際に、DaiGo『自分を操る超集中力』(かんき出版)によると

「睡眠は深い睡眠が90分、浅い眠りが20分が交互に来ている。この90分+20分が集中力にも当てはまると研究で明らかにされている」

と言われています。

とびひら
とびひら

「25分じゃやりたいことができん」「25分じゃ物足りん」と思ってきたら、ぜひやってみよう!

おすすめの休憩法

休憩する上で1番大事なことは「脳を休ませること」です。

勉強して脳がつかれる

脳を休ませる

ふたたび、勉強する

この流れがとても大事です。

運動と同じで、休憩が無かったら、脳はパンクします。

運動(勉強)することで体(脳)が疲れる

体(脳)を休ませる

ふたたび、運動(勉強)する

体が壊れる(脳がパンクする)

とびひら
とびひら

脳を休ませることが大事!

では、脳を休ませるための具体的な方法を紹介します。

  • 運動
  • 昼寝
  • 瞑想(めいそう)


運動

かるく運動すること。

理由は3つある。

  1. 血流がよくなる→脳の疲れが取れる
  2. 人は2つのことを一緒にはできない。→運動することによって、脳を休ませることができる
  3. 運動を続けると、脳そのものが疲れにくくなる

短い休憩時間の時は、どうすればいいの?またわざわざ外に行って、運動したくない!

  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 立ち上がる

だけでも効果はあります。

とびひら
とびひら

かるく体を動かすようにしよう!

昼寝

20分ぐらいの仮眠を取ること。

なぜなら、目からの情報がシャットアウトされ、脳を休ませることができるからです。

ちなみに情報の80%以上は目からの情報です。

具体的な方法は

つくえにうつぶせになって寝る

ことです。

床に横になって寝る」ことはNGです。

おきれなくなります。

実際に私は横になって寝たことで、起きたくなくなり、1時間も寝てしまいました。

とびひら
とびひら

昼寝をして、午後からも集中!


瞑想(めいそう)

5分ぐらい瞑想(めいそう)をすること。

理由は昼寝と同じで、目からの情報がシャットアウトされ、脳を休ませることができるからです。

具体的な方法は以下の通りです

  1. タイマーを5分セットする。
  2. 背筋を伸ばして座り、目をつぶる。
  3. 鼻から息を吸って吐く。

息している音を聞くようにすると、耳から入ってくる情報も少なくすることができます。

とびひら
とびひら

めいそうを取り入れて、脳をスッキリ!

やってはいけない休憩法

  • テレビ
  • スマホ
  • 本を読む

休憩する上でのポイントは「脳をやすませること

この3つは脳を休ませるどころか、脳を使います

勉強が終わってからするようにしましょう!

とびひら
とびひら

休憩時間に脳を使ってはダメ!

まとめ

・はじめのうちは25分勉強+5分休憩。なれてきたら「90分勉強+20分休憩」

・「運動」「仮眠」「瞑想」がおすすめ

・休憩中のスマホ、テレビ、本はダメ!勉強が終わってから。

今回は「休憩のとるタイミングと時間、効果のある休憩法」について紹介しました。

まずはどれか1つ試し、それができたらまた1つやっていきましょう!

休憩法を身に着けて、効率的に勉強していこう!

タイトルとURLをコピーしました